借金返済のコツ|簡単に減らす無料相談で乗り越えるブログ体験談c

借金返済のコツ|簡単に減らす無料相談で乗り越えるブログ体験談c

借金返済のコツを公開!自分でするかおすすめ弁護士に無料相談する方法比較

 

当サイトを訪問していただきありがとうございます。
この「借金返済のコツ」のサイトが目にとまったのでしたら、あなたは借金返済の悩みをかかえておられるのでしょう。

 

金融機関からの情け容赦ない催促の電話が何度もあり裁判所の通知もきて、慌てている人もいらっしゃることでしょう。
借入をした時には、それほど難しくなく返済しようと思っていた借入金が、
思わぬ病気や失業のせいで借金返済できなくなった・・
支払日が近づくなかで、お金を準備できず借金返済の見込みがない・・

借金返済、コツ、減らす

親族や友達にばれないように、何とかして借金返済したい・・
せめて少しでいいから借金返済額を減らしたい・・
借金を減らすちょっとしたコツがあれば・・

 

中には、亡くなられた親族から知らないでいた借金を相続することになったり、保証人となり他の人の借金をかぶることになり、代わりに借金返済をしなければならなくなり困っている人もいらっしゃることでしょう。

 

生活費、株・FXなどの投資、事業資金、冠婚葬祭費、ギャンブル、異性との交際費用、浪費・・・
借金返済のことで悩みを抱える原因は、個々で異なっています。

 

いうまでもなく、初めからの契約通りに借金返済できるなら最も良いのは決まっています。

 

しかし、借金返済ができず日常の生活にも苦労している人の為に、この国には借金返済の救済のための適切な制度が整備されているのをご存知だったでしょうか?
いわゆる法的手続きと呼ばれる手だてです。法的な措置に訴えると聞くと身構える人も少なくないと思いますが、必要以上に心配することはありません。

 

実のところ、法的解決のため手続き開始した人に直接的に支払いを求めることは禁じられていて、金融機関から受けていた催促が少しも来なくなるので、もっと早い段階で借金を減らすコツを知って、借金返済の手続きを始めていれば気持ちが楽になったのにと思う人が殆どなのです。

 

家族や周囲に気付かれずに借金返済の問題を解決したいなら、大至急金融業者が行う催促を止めてしまうことが大切なコツです!

 

借金の清算のためのコツ〜4種類の方法〜

 

借金返済、コツ、減らす

 

 

借金返済の問題を解消するために個人としてできる適正な法的手続きには、

 

「自己破産」「任意整理」「特定調停」「個人再生」

 

の4種類の方法があるでしょう。

 

これらの法的手続きを行うことをひとまとまりに「債務整理」と言います。各々の方法については、概要について説明をしたいと思います。

 

実際にはどの方法を取ることが適切なのかは、弁護士とちゃんと相談したあと最後に決定する事になりますので、初めはポイントとなる部分とコツだけでもわかっていれば十分でしょう。

 

 

借金返済の問題を解消するコツ・その1:自己破産 

 

借金返済が全く不可能な場合に行うのが、自己破産

 

破産と言うと、印象があまり良くないですよね。それでも、今ある借金をなんとか帳消しにできる最終的な方法です。
本当にどうしようもない状況の時は、自己破産するしかないでしょう。

 

以下は、自己破産の特徴です。
免責許可がおりると借りたお金が全額帳消しになる
不動産や金融資産などの財産を処分が求められる手続き中は、会社役員になれない等の資格制限がある

 

借金返済の問題を解消するコツ・その2:任意整理

 

資産の所有がない時は、手続き期間が短い(同時廃止)地方裁判所で破産手続きがおこなわれる任意整理 

 

支払額を減らす事によって借金返済が可能になる状況で行うのが任意整理です。
任意整理は、1社1社の債権者(借入先)全てと債務に関する交渉をしていくことが必要となるため、非常に煩雑なやり方とだと言えます。

 

以下は、任意整理の特性です。
返済額だけではなく、借金元本自体を減らす事が出来ることがある
長期間に渡って高利の借入を行っていた場合、すでに払った金利が過払金として返金される場合がある
今後払う借金の利息はカットされる場合がある

 

借金返済の問題を解消するコツ・その3:特定調停

 

債権者と返済計画に基づいた和解契約書を取り交わす特定調停 

 

特定調停とは、特定の債務者(要は借主のこと)に関係する調停のことです。
特定調停は申立人が各簡易裁判所に申し立てをおこない、調停委員を仲裁役として、債務者の経済的再生を支援するための制度です。

 

以下は、特定調停の特性です。
調停なので公平かつ妥当で債権者・債務者双方の合意が必要金利の引き直し計算をすることで借金の元金を減額できることがある
この手続きだけでは過払い金があっても返還請求まではできない

 

借金返済の問題を解消するコツ・その4:個人再生 

 

金融機関に住宅ローンの借入金がまだ残っており、生活の本拠である自宅を維持したい場合に行う方法が個人再生

 

自己破産というやり方にすると、居住している所有物件も、競売や任意売却などで処分する必要があるので、返済を助けるための救済措置としてある民事再生法という法律の中の手続きのひとつのやり方で、そんなに知られてはいない制度です。
個人再生を申し立てるには、弁護士に再生計画を作成を依頼し、認可の要件を満たす事が必要です。

 

以下は、個人再生の特徴となる点です。
住宅ローンの借入が残っている者が該当する
自宅処分しなくても手続きができる定期的な収入が将来に渡って見込めることが要件
債務を大幅に減らし、長期分割払いにすることができる

 

 

以上が借金を減らす方法、コツになります。
つぎはその借金を減らす方法・コツを実際どう行えばいいのかを考えてみましょう。

 

 

借金返済の相談を弁護士にするのは料金が高い?

 

弁護士の先生と借金返済の問題の解決方法やコツを話し合うのは、恥ずかしい事ではありません!

 

当サイトで紹介した色々な法的手続きも、実の所、行うには高等な専門知識とコツが必要です。

 

独学で勉強してその方法やコツなど知識を得る事も無理ではありませんが、難解な法律用語や法的手続きの実務を覚えるのは容易ではありませんし、日々襲ってくる借金の返済もあります。
現実的には弁護士の先生に借金返済問題の解決を頼む事が一番のコツといえるでしょう。

借金返済、コツ、減らす

 

自己破産や個人再生などの処理は、特定調停は裁判所での処理が肝心な事となりますし、任意整理に限っては、
借入を行った直接の関係者からの申し出は、大半の金融会社が対処しない為です。

 

貸し付けている先からの、返済額を減らす事や利息の減免に一つ一つ全部応じていたら、金融機関での経営が出来ませんので、考えてみれば明らかです。
特に個人貸し付けやカードローンなどの借入金が少額で無担保の場合、こんな偏りが多いです。

 

弁護士に申し入れると、債権者(借金先)に「受任通知」というお手紙が家に送付されます。
このお知らせが届くと金融会社からの借金返済の催促が一斉に停止するため、周囲の人に借金返済を気付かれたくない場合は、とにかく弁護士に相談する事が解決のコツです。

 

お知らせが届くまで待ってることができないという場合は、弁護士に要望して、債権者に連絡していただけます。すごく容易く督促の電話がやみますので、拍子抜けするくらいです。

 

弁護士に借金返済のための依頼と言うと、照れくさいと思ったり、借金返済が困難なのに、さらに弁護士費用が払えるのか悩んだりする人が数多くいるようです。
そもそも、弁護士は依頼を行う事が業務ですし、弁護士事務所にとって重要な依頼主となるので、借金を減らすコツを相談したり、借金返済の問題解決を照れくさいと思う必要はありません。

 

最近では弁護士がいっぱい増えたせいか、費用も安くなってきましたし、分割払いも可能です。
借金返済でつらい人が、手持ちのお金が貧しいことは弁護士側も承知の事なので、むちゃくちゃな心配は特に必要ないです。

 

つらい時に手を差し伸べてくれたので何とかして返したい・・
困窮しているときに借り入れさせてくれた貸金業者や受け持ってくれた人に弁解のしようがない・・
どうにか借金返済を続けたい・・という感情の方もいます。

 

その借金を減らす事を考えるのは素晴らしいことだと感じますし、借金の返済が無理でなければそうなってもらいたいです。
ただし今後の借金返済の目途がさっぱり立たず「もうやだ!」と思っているなら、可能な限り早く弁護士に借金を減らす事ができないか、何かそのコツがないのか相談して法的手段を行うべきですし、たとえ借金額を減らす事になっても、その方が回収担当者も助かるでしょう。

 

借りた会社からの係の者は、それぞれものすごい口座を扱っていますので、借金返済の延滞先との「払って下さい」「払えません」のらちが明かない問答にうんざりし、極度の疲れが出ています。
業務として関与している以上、借金返済を催促しなければならないのですが、弁護士に依頼されると「介入案件」となり、毎日の督促電話から、束縛が取り除かれるのです。

 

 

借金を減らす手段を無料で教えてもらう方法とコツ

借金返済、コツ、減らす

 

借金返済を取立される方には通じないかもしれませんが、取立している側も嫌なのです。
時には、借金返済が困難な依頼人に対して、弁護士に借金返済問題を相談するよう薦める担当者もいる程です。

 

ファイナンス会社側も、回収業務にも経費が必要なうえ、長期間に渡って回収が滞り、返済が困難な人の借金を減らす事が出来ずに引き伸ばされれば、結局「貸し倒れ引当金」を計上しなければいけませんので、借りた金の返済計画の用立てがさっぱり立たないのなら、いち早く償却してしまいたいのが本音なのです。(株主の手前、公には言えませんが・・)

 

借金返済問題の決着には、無料の相談から!借金返済が難しい時の解決のコツは弁護士に相談!

 

と言いながらも、いきなり弁護士事務所に借金返済について電話をしたり、借金を減らすコツを聞いたりするのは、勇気が必要ですよね。

 

それで当サイトでは、とりあえず借金を減らすコツのひとつとして、「借金解決診断シミュレーター」の利用をお願いしています。
借金解決診断シミュレーターは、5つの質問に答えるのみで、債務の減額する方法やコツ、月々の返済の金額がいくらかになるのか、調べる事ができます。更には、日本全国可、土日祝日可、24時間受付可な所も魅力です。

 

 

 

街角法律相談所

 

 

 

名前、住所も無用で、匿名かつ無償で利用できるので、始めにやってみると良いでしょう。
借金返済を解決できる可能な結果が表れた際だけ、実際に弁護士に借金を減らすための相談するのがいい方法だと思います。(奨励の弁護士事務所はここ)

 

ただ悩んでいるだけでは、お金は借金を減らす事はできません。

 

もし借金返済で悩まされているのなら、重荷にならない程度の支払いできる額まで、金額を減らす事が大切なコツです。
もし借金が減らす事が出来ずに返済に困窮して生活できないなら、一人だけで辛い思いをするのは、もうやめてください!

 

借金を減らす事が出来ず周囲に迷惑を掛ける前に、とりあえず無料シミュレーターで借金返済の問題の解決策があるのか見定めましょう。

 

ただ借金返済問題で苦しめられていても生活を立て直す事はできませんし、借金を減らすコツや方法を知るためにも弁護士に相談する固い決意をして落ち着きのある日々を取り返しましょう。

 

借金返済のトラブルを片づけるコツは、専門の弁護士の先生に依頼するのは一番だけど、どんな弁護士でも結構なわけではありません。
弁護士にも自信のある分野というものがあって、借金を減らすコツや借金返済のトラブルがおてのものという弁護士もいれば、離婚問題が得意の弁護士もいます。

 

借金返済問題というのは、法律的なデータだけではなく、金利計算などの知識も必要となるため、そのような事が不得手な弁護士に当たると、貸金業者との借金を減らすための交渉を有利にすることが出来ません。

 

なおいっそうに重大なのは、弁護士にも色々な物の見方があって、こちらの消費者側ではなく貸金会社よりの主張をする弁護士もいることです。
ファイナンス会社のアドバイザーなどをしていて、借り手にきつい弁護士に出会うと本当に最悪の事態です。

 

借金返済に悩み、少しでも借金を減らすコツを知りたいという消費者側に立ち、ファイナンス会社から有利な条件をつかみ出せる弁護士を選ぶ事で、借金返済額を減らしたり、金利を減らす事やカットなどの条件が丸きし異なりますので、弁護士選びは重要かつコツがいります。

 

というものの、根本的に法律の業界をよく知っていなければどのような弁護士が適正なのか、弁護士選びのコツなど見分けられませんよね。

 

ここでは借金返済の問題に強力な、借金返済に悩む消費者よりの法律事務所をお知らせしています。
借金返済の問題解決を手掛かりにして下さいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ